2017年05月30日

「怖の日常」

blog782_1.jpg


だいぶ前の仕事ですが
福澤徹三さん(著)「怖の日常」の装画担当しました。

福澤さんの著作は「灰色の犬」の文庫版の装画も担当してましたすが全く内容が違って
日常のにふとある怖い話という内容です。





原画はこんな感じでした。
blog782_2.jpg

D:大原由衣

●関連リンク
「怖の日常」
http://amzn.to/2qMdJAk




posted by ケッソクヒデキ at 13:47| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

Prominence English comunication T

Prominence English comunication T
高校生の教科書の挿絵を担当しました。

最後の章の未来では都市は地下に移動していた・・・的な話を担当したので、
地下にある街並み描いています。

blog781_1.jpg

blog781_2.jpg

blog781_3.jpg



ちなみに表紙はワイズベッカーというかなり攻めてる教科書です。

blog781_0.jpg



AD:岡本健+


東京書籍 Prominenceシリーズ
https://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/hs/eigo/book003/

posted by ケッソクヒデキ at 23:11| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

「世界」 パンフレット

blog780_1.jpg

Bunkamuraシアターコクーンで行なわれた
「世界」のパンフレットです。


パンフレットの中の俳優さんの背景イラストレーションも描いています。
全出演者に合わせて合計10枚とその他にも数点掲載されています。

blog780_2.jpg

blog780_3.jpg




AD:榎本太郎(7X_NANABAI)



Bunkamuraシアターコクーンのサイト
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_sekai/


posted by ケッソクヒデキ at 21:10| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

「世界」

blog779_0.jpg
ポスター

Bunkamuraシアターコクーンで行なわれる
シアターコクーン×赤堀雅秋第三弾
「世界」の広報ビジュアルのイラストレーションを担当しました。
ポスター、チラシ・パンフなどのビジュアルを提供しています。


演劇関係のお仕事は絵に振り幅があってもいいのでおもしろいです。
昔描いた絵も含めていろいろ使っていただいています。

公演は1月11日(水)〜1月28日(土)まで
関西での公演もあるようです。

キャストが豪華だ・・・。

Bunkamuraシアターコクーンのサイトにてチケットも購入可能です。
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_sekai/


AD:榎本太郎(7X)



blog779_2.jpg
チラシ表

blog779_3.jpg
チラシ裏


posted by ケッソクヒデキ at 15:37| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

「護られなかった者たちへ」

blog776_1.jpg


だいぶ前からなのですが
中山七里さん(著)「護られなかった者たちへ」
の新聞連載の挿絵を担当しています。

ちなみに題字も制作してます。

仙台を舞台にしたスリリングな社会派ミステリーです。
長期戦ですがなんとかいいものを作って行きたい・・・。
現在100話はできてますが先は長い・・・・・。



◯河北新報 2月20日〜

◯南日本新聞(鹿児島県)2月21日〜スタート

◯中國新聞 3月23日〜スタート

◯大分合同新聞(夕刊)4月22日からスタート

◯岐阜新聞 5月16日からスタート

追記
◯北海民友新聞(紋別市)7月10日からスタート

◯東奥日報夕刊(青森県)7月22日からスタート

◯下野新聞(栃木県)8月30日からスタート

◯桐生タイムス(群馬県桐生市)8月19日からスタート

◯長野日報(長野県諏訪市)9月11日からスタート

◯津山朝日新聞(岡山県津山市)9月12日からスタート



posted by ケッソクヒデキ at 13:27| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

「星宿る虫」

blog775_1.jpg

表1

blog775_2.jpg

表4

嶺里 俊介 さん(著)
「星宿る虫」の装画担当しました。

作中に光る虫が出てくるのですがそれが
天に登っていくところを描きました。
内容ちょっとグロいとこもありますが最後まで一気に読める作品です。

嶺里 俊介さんはこの作品で日本ミステリー文学大賞新人賞を
受賞されたそうです。


D:坂野公一(welle design)
光文社


◆関連リンク
星宿る虫



ちなみに原画はこんな感じです。

blog775_3.jpg

blog775_4.jpg



posted by ケッソクヒデキ at 17:43| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

「ヒクイドリ 警察庁図書館」

blog772_1.jpg

古野 まほろ さん(著)
「ヒクイドリ 警察庁図書館」の装画担当しました。

放火場面描いております。
最近警察小説描いていることが多いのですが、
その中でも異彩を放っていて読んで損なしの一冊です。




D:國枝達也
幻冬舎


◆関連リンク
ヒクイドリ 警察庁図書館






ちなみに原画はこんな感じです。
blog772_2.jpg
posted by ケッソクヒデキ at 00:42| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

「灰色の犬」

blog771_1.jpg

福澤 徹三 さん(著)
「灰色の犬」の装画担当しました。

文庫版です。
追い込まれた三人の物語。
グレートーンを中心に立ち向かっていくイメージです。
モチーフについては読んでいただけるとわかる感じです。


D:鈴木久美
光文社文庫


◆関連リンク
灰色の犬 (光文社文庫)




ちなみに原画はこんな感じです。
ほぼいっしょです。
blog771_2.jpg

posted by ケッソクヒデキ at 06:13| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

「警察庁最重要案件指定 靖國爆破を阻止せよ―」

blog770_1.jpg

八木 圭一 さん(著)
「警察庁最重要案件指定 靖國爆破を阻止せよ―」の装画担当しました。

警察官いっぱいです。
「一千兆円の身代金」がドラマ化されましたね。
10月17日(土)放送か・・・みなければ。


D:高柳雅人
宝島社


◆関連リンク
>警察庁最重要案件指定 靖國爆破を阻止せよ―― (「このミス」大賞シリーズ)



ちなみに原画はこんな感じです。
blog770_2.jpg




posted by ケッソクヒデキ at 14:08| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

「海のイカロス」

blog769_1.jpg

大門剛明 さん(著)
「海のイカロス」の装画担当しました。

潮流発電の開発を舞台にした異色ミステリです。
瀬戸内海の風景をモチーフにしています。


D:bookwall
光文社文庫


◆関連リンク
海のイカロス (光文社文庫)



ちなみに原画はこんな感じです。
blog769_2.jpg





posted by ケッソクヒデキ at 15:04| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

「海妖丸事件」

blog768_1.jpg

岡田 秀文 さん(著)
「海妖丸事件」の装画担当しました。

「伊藤博文邸の怪事件」、「黒龍荘の惨劇」
に続く名探偵月輪シリーズ第三弾です。

今回は船でした。
本なのをいいことに遠近感でズルしてます。


D:bookwall



◆関連リンク
海妖丸事件
黒龍荘の惨劇
伊藤博文邸の怪事件

拡げるとこんな感じです。
blog768_2.jpg

ちなみに原画はこんな感じです。
ほぼ同じですが・・・。
blog768_3.jpg
posted by ケッソクヒデキ at 21:53| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

「そして、何も残らない」

blog766_1.jpg

森 晶麿 さん(著)
「そして、何も残らない」の装画担当しました。

卒業生におこる連続殺人事件!
珍しく女子高生を描いています。

最近雪の絵を描くことが多いな・・・・。



D:bookwall



◆関連リンク
そして、何も残らない




ちなみに原画はこんな感じです。

blog766_2.jpg
posted by ケッソクヒデキ at 20:21| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

「ディセント 生贄の山」

blog765_1.jpg

ティム ジョンストンさん (著), 中谷 友紀子さん (翻訳)
「ディセント 生贄の山」の装画担当しました。

ロッキー山脈で起こる監禁事件をあつかったミステリですが、
家族の再生を描いた深い内容となっています。

かなりアンダートーンなロッキー山脈を描きました。



D:鈴木デザイン室



◆関連リンク
ディセント 生贄の山 (小学館文庫)


ちなみに原画はこんな感じ。少し赤系にふってますね。

blog765_2.jpg





posted by ケッソクヒデキ at 23:44| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

「ゴッサムの神々」「7は秘密」

blog764_2.jpg

blog764_1.jpg

リンジー・フェイさん(著) 野口百合子さん(訳)
「ゴッサムの神々」「7は秘密」の装画担当しました。

アメリカの初めての警察官を題材にしたミステリです。
独特の世界観で読み応えがあります。

「ゴッサムの神々」は「FIVE POINTS」という
5差路をモチーフに物語の様々な人や物が点在しているようにしていて、
上下巻が右左どちらからでもつながってみえるようになっています。
いままで販売されていたもののリニューアル版です。


「7は秘密」は「ゴッサムの神々」の続編です。
その後の別の事件が描かれています。
ニューヨークの冬の裏路地をモチーフに
こちらも作中の色々なものを絵の中に描いています。
「ゴッサムの神々」と水平線を一緒にして同じシリーズとわかるようになっています。


逆でつなぐとこんな感じ
blog764_3.jpg


三冊つなぐとこんな感じ
blog764_4.jpg


D:鈴木久美


◆関連リンク
ゴッサムの神々<上> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)<上> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)

ゴッサムの神々<下> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)<下> (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)

7は秘密 (ニューヨーク最初の警官) (創元推理文庫)






posted by ケッソクヒデキ at 13:58| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

「伊藤博文邸の怪事件」文庫版

blog763_1.jpg

岡田 秀文さん(著)
「伊藤博文邸の怪事件」が文庫本になりました。

単行本のをそのまま使用していただいています。
明治時代を舞台にした館ミステリです。
お求め易くなったこの機会にぜひ。


D:boowall


◆関連リンク
伊藤博文邸の怪事件 (光文社文庫)


単行本はこちらです。
http://kessoku.seesaa.net/article/394046618.html




posted by ケッソクヒデキ at 11:15| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

「救済のゲーム」

blog762_1.jpg

河合 莞爾さん(著)
「救済のゲーム」の装画を担当しました。
作中に出てくるブリッスルコーンパインとゴルフコースをメインに描いています。

ゴルフミステリという異色作と思いきや、
かなりの本格ミステリです。かなり厚い本ですが一気に読めます。
そして・・・・ゴルフをやってみたくなる。
(帯表4に装画者としてコメントのってたりします。)

全体

blog762_2.jpg

D:古閑里良(新潮社装幀室)



ちなみに原画はこんな感じです。

blog762_3.jpg

◆関連リンク
救済のゲーム
posted by ケッソクヒデキ at 14:54| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

「現場痕」

blog761_1.jpg

北上秋彦さん(著)
「現場痕」の装画を担当しました。

北上秋彦さんの著作では「死霊列車」の装画も担当していたのですが、
今回は損害保険代理店の元刑事が活躍するミステリです。
前回同様一気に最後まで読めてしまうおもしろさがあります。

デザイナーさんからのご要望により正面からみた正面衝突の絵を描きました。



D:鈴木正道

ちなみに原画はこんな感じでした。
blog761_2.jpg


◆関連リンク
現場痕 (実業之日本社文庫)


死霊列車 (角川ホラー文庫)
posted by ケッソクヒデキ at 12:04| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

「黄泉眠る森:醍醐真司の博覧推理ファイル」

blog760_1.jpg

長崎 尚志さん(著)
「黄泉眠る森:醍醐真司の博覧推理ファイル」の装画を担当しました。

「闇の伴走者」の続編です。
こちらは単行本になります。
本文中に出てくる卑弥呼をモチーフに表紙を描きました。

前作に引続きミステリとしての完成度が高いです。
本日発売です。



D:二宮大輔(新潮社装幀室)

ちなみに原画はこんな感じでした。
blog760_2.jpg


◆関連リンク
「黄泉眠る森: 醍醐真司の博覧推理ファイル」

「闇の伴走者: 醍醐真司の博覧推理ファイル」




posted by ケッソクヒデキ at 13:50| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

「闇の伴走者:醍醐真司の博覧推理ファイル」

blog759_1.jpg

長崎 尚志さん(著)
「闇の伴走者:醍醐真司の博覧推理ファイル」の装画を担当しました。
長崎 尚志さんは「MASTERキートン』などの脚本などを担当されている
漫画原作者であり編集者、脚本家などをされている多才な方です。
「MASTERキートン』は高校生の時に何度も読みなおしたりしていたので感慨深いお仕事でした。

WOWOWで4月からドラマの放送があるようですが、
文章的な魅力も高いので、その前でも後でも原作も是非読んでいただきたいです。

D:二宮大輔(新潮社装幀室)


ちなみに原画はこんな感じでした。
blog759_2.jpg


◆関連リンク
「闇の伴走者: 醍醐真司の博覧推理ファイル」





posted by ケッソクヒデキ at 22:44| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

「峠しぐれ」

blog758_1.jpg

葉室麟さん(著)
「峠しぐれ」の装画を担当しました。
だいぶ前に出版されていまるのですが、
アップが遅くなりました。
珍しく時代物の表紙を描かせていただきました。

D:國枝達也





ちなみに開くとこんな感じ
blog758_2.jpg


◆関連リンク
峠しぐれ







posted by ケッソクヒデキ at 16:03| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする